40歳から始める「ほうれい線」解消法一覧

MENU
ブログ

40歳から始める「ほうれい線」解消法一覧

40歳から始める「ほうれい線」解消法一覧

40歳を迎えたくらいから、徐々に気になり始めるのが「ほうれい線」です。ほうれい線が目立つようになると一気に老けた印象になるので、どうにかして解消したいと感じている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ほうれい線が気になる40歳以降の方のために、ほうれい線の解消法をご紹介します。ほうれい線ができる原因や予防法についても解説しますので、本記事の内容を参考に対策してみてください。

40歳を過ぎるとほうれい線が目立ち始める原因

40歳を過ぎるとほうれい線が目立ち始める原因

そもそも、なぜほうれい線ができるのでしょうか。まずは40歳を過ぎるとほうれい線が目立ち始める原因について解説します。

加齢による皮膚のたるみ

40歳を過ぎると、皮膚の質が変わってきてたるみやすくなります。若いうちは皮膚にハリがあるものですが、年齢を重ねるにつれて皮膚にハリがなくなることでたるみやすくなってくるのです。

ハリのない肌は重力にしたがって垂れさがってしまうため、結果としてほうれい線が目立つようになってしまいます。

皮膚のコラーゲン・エラスチンの減少

皮膚に弾力やハリを与えるのが、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンです。弾力のあるぷるぷるの肌になるのは、コラーゲンやエラスチンのおかげですが、加齢によってコラーゲンやエラスチンの量は減少することがわかっています。

コラーゲンやエラスチンの量が減少した肌は弾力を失うため、ほうれい線や小じわなどが目立つようになってしまいます。

表情筋の衰え

40歳以降にほうれい線が気になり始める別の原因として、表情筋の衰えも挙げられます。体の筋肉は加齢によって衰えるものですが、それは顔も同じです。

口周りの口輪筋、また頬を支えてキュッと上がった口角をキープする頬骨筋などが衰えると、顔の脂肪や皮膚を支えきれなくなります。その結果、頬骨から口角に向かう溝が深くなってしまい、ほうれい線が目立つようになってしまうのです。

肌の乾燥

肌の乾燥

年齢を重ねるにつれて皮脂の分泌量が減少するため、40歳を過ぎると肌は乾燥しやすくなります。水分が減少した肌は、弾力やハリをキープするのが難しく、たるみなどのトラブルが生じやすくなり、ほうれい線も出やすくなってしまうのです。

加えて、肌が乾燥すると肌の弾力にかかわるコラーゲンの生成を妨げることもわかっています。このことも皮膚がたるみ、ほうれい線が目立つようになる原因です。

紫外線によるダメージ

紫外線は肌老化の原因と言われているように、紫外線によるダメージが蓄積することもほうれい線を目立たせる原因となります。

紫外線にはUV-AとUV-Bがありますが、肌の老化を促進するのがUV-Aです。UV-Aは波長が長く、肌の奥の真皮層にまで達するため、コラーゲンやエラスチンを変形させてしまい、肌のたるみを引き起こします。

骨格や噛み癖などによるもの

生まれつきの骨格が原因で、ほうれい線ができやすくなることもあります。例えば、頬骨のふくらみがなく平坦な人は、頬を十分に支えることができにくいため、ほうれい線ができやすくなります。

また、よく噛まずに食べるのが習慣になっていると、口輪筋が衰えやすくなり、それもほうれい線を目立たせる原因となるでしょう。

このような骨格や噛み癖などによるほうれい線は、40歳になる前から現れだすケースも珍しくありません。

40歳からのほうれい線解消法

40歳からのほうれい線解消法

ほうれい線は放置していると、どんどん深くなってしまうので、気づいたら早めに対処することが大切です。

ここからは、40歳から実践したい「ほうれい線解消法」をご紹介します。無理なくできそうなものから実践してみましょう。

生活習慣を見直す

ちょっとした姿勢のクセや生活習慣が、皮膚のたるみやほうれい線をできやすくしていることがあります。

例えば、うつむく姿勢が長いと、それだけ重力の影響を受けやすくなるため、ほうれい線が目立ちやすくなります。特にスマホやタブレット、PCを使うことが多い人は、うつむく姿勢で長時間いることになるので注意が必要です。

スマホスタンドやタブレットスタンドを利用したり、PCのモニターが高い位置にくるよう調整したりして、うつむき姿勢にならないように工夫しましょう。

また、右か左の片側のほうれい線が目立つ場合は、片方の頬に負担をかけている可能性があります。横向きで寝る、頬杖をつくといった行為は片方のほうれい線を目立たせる要因となるので、そうした習慣をやめることも大切です。

スキンケアを見直す

スキンケアを見直す

ほうれい線が気になり出す40歳以降は、スキンケアを見直しましょう。意識したいのが乾燥対策をすること、そして肌にハリを与えるようなスキンケア用品を使うことです。また、紫外線対策をしっかりとおこなって、紫外線による肌老化の促進を防ぐことも大切です。

・乾燥対策をする

肌の水分量が減少すると、肌はしぼんでしまってハリや弾力がなくなります。皮脂の分泌量が減少する40歳前後からは保湿重視のスキンケアを意識しましょう。

基本のスキンケアの順序は以下のとおりです。

  1. 化粧水でたっぷりと水分を与える。
  2. 乳液で肌を柔らかくする。
  3. クリームで油分を与え、水分の蒸発を防ぐ。

40歳からは基本のスキンケアに美容液もプラスするのがおすすめです。美容液は化粧水のあと、乳液の前のタイミングで使いましょう。ただし、導入美容液の場合はスキンケアの最初、つまり化粧水の前に使用します。

また、スキンケア用品には「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」がありますが、40歳からは保湿重視の「しっとりタイプ」のアイテムを選びましょう。

・肌にハリを与える成分配合のスキンケア用品を使う

40歳以降は、肌にハリを与えるような成分が配合されたスキンケア用品を選ぶのがおすすめです。

以下のような成分は、肌にハリ感を与える効果が期待できるので、スキンケア用品を選ぶ際はチェックしてみましょう。

・紫外線対策をおこなう

紫外線は皮膚の奥の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどにダメージを与えるため、しっかりと紫外線対策をおこなうことも大切です。

季節や天候に関わりなく、外出時には日焼け止めを塗るのを習慣にするといいでしょう。また、紫外線量が多い午前10時~午後2時の時間帯はできるだけ外出を控えること、どうしても外出しなければいけない場合は、完全防備で出かけるようにおすすめします。

具体的には、日傘やマスク、サングラスなどを使用して、できるだけ紫外線を浴びないように工夫すると良いでしょう。

マッサージをおこなう

マッサージをおこなう

40歳からのほうれい線の原因となる皮膚のたるみは、顔に老廃物が滞ってむくむことで生じやすくなります。ほうれい線の解消には、定期的なマッサージによってリンパの流れを良くすることも効果的です。

顔のリンパの流れを促進するマッサージの仕方をご紹介します。

  1. マッサージクリームなどを顔全体に塗ってすべりやすくする。
  2. 人差し指・中指・薬指の3本の指の腹を使い、口角から耳の下に向かってクルクルと小さな円を描くように引き上げる。耳の前のくぼみにきたら、軽くプッシュする。
  3. 同じ3本の指の腹を使って、額の中心からこめかみに向かってクルクルと小さな円を描きながらマッサージする。
  4. 3本の指の腹で下まぶたの目尻から目頭に向かって、小さな円を描きながらやさしくマッサージ。
  5. 今度は上まぶたの目頭から目尻に向かって小さな円を描くようにマッサージする。
  6. 頬に手のひら全体を当てたら、下から上に向かって持ち上げるようにして圧をかける。
  7. 首の下側から上側に向かって手をすべらせるようにしてマッサージする。
  8. 両手を使って耳下から鎖骨へ向かってリンパを流す。

マッサージをする際に力を入れすぎると、皮膚を伸ばしたりして、逆にたるみが悪化してしまうこともあるので、マッサージは力を入れずにやさしくおこないましょう。

美容器具を利用する

ほうれい線解消をサポートする美顔器など、美容器具を利用するのもおすすめの方法です。

美顔器であれば、EMSやRFなどの機能を搭載したものを選ぶと、40歳からのほうれい線にアプローチできるでしょう。

EMSは筋肉に刺激を与えるので、衰えつつある表情筋を強化し、たるみを防ぎます。

RFは周波数の高い電磁波で肌に振動を与えることで肌を温め、肌の機能を活性化させる効果が期待できます。肌のたるみを防ぎ、肌にハリを与えるのにおすすめの機能です。

また、口で加えて使用する美容器具は効率良く口輪筋や頬の筋肉を鍛えることができ、使い続けることで顔の引き締め効果が期待できます。顔のたるみ、ほうれい線対策におすすめです。

表情筋を鍛えるエクササイズをする

40歳から目立ち始めるほうれい線の原因が表情筋の衰えにある場合、表情筋を鍛えるエクササイズを定期的におこなって表情筋のリフトアップを図りましょう。

特に、デスクワークなどで無表情でいる時間が長い人、また喜怒哀楽を表情で表すことが少ない人は表情筋が衰えやすい傾向にあります。表情筋エクササイズを習慣にして、表情筋の衰えを防ぎましょう。

簡単にできる表情筋を鍛えるエクササイズをご紹介します。

<頬をふくらますエクササイズ>

頬をいっぱいにふくらまして、ほうれい線を伸ばすエクササイズです。

  1. 空気をたっぷりと吸って、頬をふくらます。この時に、空気でほうれい線を頬の内側から伸ばすようにする。
  2. 口の中に空気を入れたままで、右頬、左頬、上唇と歯茎の間、下唇と歯茎の間と、順番に空気を移動させる。(それぞれ5秒間ずつキープ)
  3. 1~2を2~3回程度繰り返す。

<口元を鍛えるエクササイズ>

500mlのペットボトルを使った口輪筋を鍛えるエクササイズです。

  1. フタを取ったペットボトル(500ml)に少量の水を入れる。
  2. ペットボトルを唇でくわえて、持ち上げる。(10秒間キープ)
  3. 休憩を入れながら、2を3回程度おこなう。

ペットボトルをくわえて持ち上げる時は、歯を使わずに唇だけでくわえるようにしましょう。水の量が多くなると負荷も大きくなるので、慣れてきたら少し水を増やしておこなうのもおすすめです。

栄養バランスの良い食事を心がける

栄養バランスの良い食事を心がける

肌をつくる材料となる栄養素が不足すると、たるみやしわなどが生じやすくなります。ほうれい線を解消したいなら、栄養バランスの良い食事も心がけましょう。

特に意識して摂りたいのが、肌に弾力やハリを与えるコラーゲンやエラスチンの生成に欠かせないタンパク質やビタミンCです。また、強い抗酸化作用をもつビタミンEも摂取したい栄養素といえます。

できれば食事でさまざまな栄養素をバランス良く摂るのが理想ですが、難しい場合は不足分をサプリで補うのも良いでしょう。

美容整形で解消する

40歳からのほうれい線を手軽に解消したいなら、美容整形を受けるのもひとつの方法です。美容整形によるほうれい線解消にはさまざまな方法があり、いずれもメリット・デメリットがあるので医師と相談しながら自分に合うものを選ぶと良いでしょう。

ほうれい線解消に勧められている施術は以下のようなものがあります。

エステに通う

Winback(ウィンバック)の効果を徹底解説!

出典画像:BILA

エステに通って、たるみやほうれい線を改善する施術を受けるのもおすすめの方法です。

Beauty Studio「BILA」では、顔のたるみ・ほうれい線が気になる方向けに『リフトアップコース(顔頭筋RFリフト)』を用意しています。担当セラピストの手にラジオ派を流しながら施術をおこなうため、筋肉の深部までアプローチでき、優れたリフトアップ効果が期待できるのが特徴です。

40歳を過ぎてからほうれい線が気になり出した方は、お気軽にご相談ください。

『リフトアップコース(顔頭筋RFリフト)』について詳しくはこちら

40歳からのほうれい線を予防する方法

40歳からのほうれい線を予防する方法

40歳からのほうれい線を予防するため、また今後ほうれい線を悪化させないためには、どうすれば良いのでしょうか?

日常生活で気を付けたいポイントをみていきましょう。

姿勢に気を付ける

下向きの姿勢でいることが多いと、顔の皮膚がたるみがちになります。スマホはできるだけ高い位置で見るようにしたり、デスクワークの場合もなるべく姿勢を正したりしてみましょう。

睡眠をしっかりととる

肌の再生などに必要な成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されます。夜更かしは避け、睡眠時間をしっかりと確保するようにしましょう。

乾燥対策をおこなう

肌が乾燥すると、たるみやほうれい線ができやすくなります。スキンケアで肌をしっかりと保湿するとともに、日中で乾燥が気になったらすぐに保湿できるようにスプレー式の化粧水などを携帯しておきましょう。

また、エアコンの効いた室内は乾燥しやすいので、加湿器なども活用するようおすすめします。

まとめ

ほうれい線が目立ってきたら、早めにケアをして悪化を防ぎましょう。また、しっかりと対策することで、ほうれい線を目立たなくすることもできます。

40歳からでも遅くないので、本記事を参考にほうれい線対策をおこなってみてください。

ブログ一覧
表参道のフェイシャルエステへWEB予約

簡単WEB予約

ご予約・お問い合わせ